Changes to Pension Laws - from August 2017

We'll be giving you a better English update in the coming weeks, but the long awaited change to the number of years needed to qualify for a pension has been passed in parliament.

From August, 2017, the 25 required years (there was an exemption available for some people for the period after 20 years of age, and living outside of Japan) will reduce to 10 years.

The amount you will receive will be severely reduced as the full pension is based upon 40 (?) years of enrollment.

The figures quoted in the article may not be accurate in your case as these are the figures for the National Pension through the ward office.

For those in say the Private Schools Association the figure could be higher.

***

年金の受給資格を得るために必要な保険料の納付期間を25年から10年に短縮する改正年金機能強化法が16日午前の参院本会議で、全会一致で可決、成立した。改正法は来年8月に施行され、10月から約64万人が新たに年金を受けられるようになる見通し。受給には本人か代理人が年金事務所に請求書を提出する必要がある。

新たに受給できるようになるのは、保険料を払った期間が10年以上25年未満の人。受給期間は保険料を納めた期間や免除された期間を合計する。無年金の人の救済につながるが、過去にさかのぼって受け取ることはできない。

年金額は保険料の納付期間に応じて増える。国民年金の場合、加入期間が10年で月約1万6千円、20年で約3万2千円。40年で満額の約6万5千円と比べて支給額は低い。

今回の対策は、2015年10月に予定していた消費税率10%への引き上げと同時に実施する予定だったが、安倍政権による増税延期に伴い先延ばしされていた。ただ、受給資格期間を10年に短くしても約26万人が無年金のままだという。

政府・与党は当初、年金給付の抑制策を盛り込んだ国民年金法改正案との一括審議をめざしていた。ただ、民進党など野党が同法案を「年金カット法案」と位置づけて強く反発。このため両法案を別々に審議していた。年金法改正案は16日の衆院厚生労働委員会で約2週間ぶりに審議を再開した。

- Nikkei

 


footer ffooter hfooter mfooter s

Additional information