最近ニュース

GABAの再申立【上告】を、中央労働委員会が却下。「講師は労働者」と確定。行き場をなくしたGABA社は、中労委【国】を被告にし、東京地裁に前代未聞の訴え。

大阪府労働委員会命令「Gaba講師は個人請負でなく労働者」が確定。中央労働委員会が「GABA社の異議=再審査申立は不適法」と門前払い【却下】  

続きを読む...

聖母女学院がゼネラルユニオンに「事前協議制」ルールの回答書を提出。「有期契約や労働条件変更の可能性の場合、前年に労組に連絡。

聖母女学院【京都・大阪で高中小短大を展開】では、雇用不安を防ぎ、安心して働ける環境づくりをめざして、ゼネラルユニオン聖母支部から学校法人へ「事前協議制」の要求が提出されていたが、団体交渉での合意に至り、今般、学校より以下の回答書が提出され、ゼネラルユニオンもこの労働協約化に同意した。

続きを読む...

GABA支部組織委員会

フランシス(Francis) 委員長

私はニュージーランド出身で、2003年7月にGABAに入社しました。銀座、新橋LSで働いています。2007年9月、GABA支部が最初に設立された時に、ユニオンに加入し、組合員であることを会社に通告しました。

GABAのインストラクターは、賃金も労働条件もひどく、状況を改善するいちばんの方法は組合だと思ったので、ユニオンに加入しました。

ぜひ加入を

姫路獨協大が、常勤教員10名に退職勧奨?。組合員は全員拒否。外国語学部解体リストラに、ゼネラルユニオンが獨協学園への警告書公表。

ゼネラルユニオンの見解、及び、大学への警告書

 学校法人獨協学園と、姫路獨協大学は、ロースクール破綻などの、不適切な経営や不祥事から生じた危機を、自らの努力で打開することなく、教職員へのリストラでシワ寄せせんとしている。当労組は、「新旧外国語学部の併設や、新旧カリキュラム」など異常な運営と、雇用責任放棄に対し、何度も警告してきた。これまで、希望退職や雇い止めが強行されんとした際も、我々の抗議で、それらを撤回し、「今後、個別の面談はしない。希望退職に応じなくても不利益はない」、との労使合意で事なきを得た。

続きを読む...

英会話「GABA【Gabaガバ】社の、有価証券報告書 虚偽及び不実記載の法違反が、「証券取引等監視委員会」に通知されました。

この記事内容が名誉毀損だとし、GABAは当組合に対し損害賠償の訴訟を提起しました。 この情報提供が、新たなトラブルになることは本意ではありませんので、この記事の掲載を一時見合わせます。

続きを読む...

知ってました??「英会話GABAの講師は、社員でなく個人外部請負」だって??=大阪府労働委員会「講師実態は偽装委託で従業員」の決定【命令内容速報】 =Gaba・ガバ・gaba=は法律に従え!

英会話GABA社の主張「講師は自社社員でなく、個人の外部請負」に、「違法」の断罪下る。   =大阪府労働委員会が「契約は偽装、講師実態は労働者=従業員」の命令=【以下概要】                     

続きを読む...

派遣会社にあなたの子供の健康を委ねられますか?

インタラックに法律遵守するよう命令

ゼネラルユニオンは、あなたの子供の教育を派遣会社に委託すべきではないと確信しています。教育は文部科学省の責任です。授業やカリキュラムは、外部企業の手に委ねるべきではありません。

続きを読む...

偽装委託の全国の各教委が、講師直接雇用へ移行開始中。 文科・厚労省の「ALT委託は違法」の通達に加え、愛知労働局の「教委と業者の派遣法違反」断定が追討ち。

 2010年8月以降、秋にかけて、文科省・厚労省が「ALT業務に委託は不可能」と通達し、全国全教委を対象に「業者委託の見直し」調査を実施している。ユニオンも並行して、教委や学校による授業管理責任を明示した学校教育法にも違反した丸投げを、各地で摘発してきた。ユニオンも両省・労働局と連携し、違法教委・業者に迫っている。 法違反が確定した悪徳業者は、違う県で、同様の手口で教委をだまし、まさに全国指名手配中である。

続きを読む...

愛知労働局が、東海市教委と委託?業者の「派遣法違反」を断罪3月3日、教委の業務指示は明確=「偽装委託」の改善命令下る。

*ユニオンの各教委への一斉要求 *文科・厚労省「委託は違法」通達 2009年8月以降、秋にかけて、文科省・厚労省が「ALT業務に委託は不可能」と通達し、全国全教委を対象に「業者委託の見直し」調査を実施している。

ユニオンも並行して、教委や学校による授業管理責任を明示した学校教育法にも違反した丸投げを、各地で摘発してきた。ユニオンも両省・労働局と連携し、違法教委・業者に迫っている。 違法と断定された悪徳業者は、違う県で、同様の手口で教委をだまし、まさに全国指名手配中である。

続きを読む...

シノブフーズ 多言語ビラまき

賃上げに関するシノブフーズの回答次第では「ストライキに入る。」ことも視野に入れ、シノブフーズとゼネラルユニオンは緊迫した労使交渉を続けています。シノブフーズ福町工場(地図)門前にて、私たちは同社で働く人々に、「賃上げのため、組合に入ろう!」と呼びかけるビラまきを、6月6日と10日に行いました。

続きを読む...

ALTに関するQ&A

 私(ゼネラルユニオン東海支部兼支部長 マイケル・ノーモイル)は、愛知県内のXO公立高等学校で20年以上英語を教えているA先生にインタビューして、英語指導助手(ALT)の派遣雇用・業務委託の問題について、お伺いしました(県教育委員会によれば、現時点では、ALT26人を直接雇用し、14人をインターラク社からの業務委託としています。2010年度から、そのALTを全員業務委託とする予定だそうです)。

Q 1 A 先生の学校で働いている英語指導助手(ALT)は、どのような身分で働いていますか。

A 愛知県教育委員会に直接雇用されています。

続きを読む...

愛知労働局が東海市教委の「派遣法違反」を断罪 3月3日、教委の業務指示は明確=「偽装委託」の改善命令下る。

 文科省・厚労省が「ALT業務に委託は不可能」と通達し、全国全教委を対象に「業者委託の見直し」調査を実施している。ゼネラルユニオンも平行して、3か月などの継続違法派遣や、学校教育法にも違反した偽装委託を、各地で摘発してきた。相当数の教委で、「現在の講師を直接雇用する」移行が進んでいるが、業者は、教委に対し、脱法行為を緊急指南するなどして、生き残りを策しており、労働法を知らない一部教委が、「偽装委への偽装」に引き摺りこまれている。

続きを読む...

労働協約で組合員の権利が拡大@ECC

ゼネラルユニオンでも最も古い支部であるECC支部が、大手英会話チェーンで初めて、会社側との「チェックオフ協定」を勝ち取った最初の支部となった。組合員は、毎月の給料から組合費を天引きで、より便利に支払うオプションが選べるようになる。  

続きを読む...

何度も団交を要請したにもかかわらず、東海市・東海市教育委員会は、外国語指導助手(ALT)の違法派遣問題について交渉を拒否してきた。

そのため、ゼネラルユニオンは、愛知労働局への「法違反申告」を余儀なくされた。2009年10月以来、労働局は、教育委、、ゼネラルユニオン組合員、組合員が勤務する学校の校長にまで話を聞き、調査を行ってきた。

続きを読む...

職場の安全衛生/避難手順

職場の安全衛生は、英会話業界ではしばしば見過ごされてきました。ユニオンは、ECCでも、緊急避難手順について限られた情報しかないことを懸念し、引き続き改善を求めてきました。

続きを読む...

法務省入管局「4月からVISA更新に社会保険加入必要」と公示。加入を怠る脱法各社に最後通告。「今こそ法を守り全員加入を」

 社会保険【健保・年金】加入は、法律義務であり、雇用形態や国籍を問わず、不可欠なセーフティネットです。ゼネラルユニオンの労働相談にも、「病気になったが医療費がない。国民健保や民間損保で、休業補償が支給されない。滞日中の年金非加入で、帰国後も、掛けた年数が不足」などの、深刻な相談が寄せられています。

 常勤でさえ、全員加入を怠っている私学・教委や、派遣・語学大手に永年、要求し続け、序々に加入が進んでいますが、まだまだ全員加入の法定ラインには、程遠い状態です。とりわけ、非常勤やパート、派遣や委託労働者への加入差別は著しく、ゼネラルユニオンは、各地の社会保険事務所に「確認請求」の申立を連発し、職権加入での救済をはかっています。

続きを読む...

東海市の皆さんへ この英語教育はどうですか?

現在、東海市教育委員会が導入されている英語指導助手(AET)業務委託に下記の問題があります。

1.AETは割り当てられた時間は一人で授業を行わなければなりません。

2.労働条件、スケジュールについての質問や問題があれば、すべて、学校ではなく、業務委託業者に申し出なければなりません。

3.授業計画を作って学校に出すのは、英語指導助手の仕事ではありません。

4.他の先生方との打ち合わせはできないこと。

続きを読む...

愛知各市教委と派遣会社が、語学講師ALT業務を偽装請負。 ゼネラルユニオンが,愛知労働局・県教委・府労委に、教委と業者を告発。

 ゼネラルユニオンは一昨年、大阪の23市教委が英語講師を悪質派遣会社に偽装請負させていると公表し、法違反を一掃させてきた。だが各県労働局の怠慢で未だ違法派遣があとを断たない。ALT委託業者は、今も関東や東海や九州で、請負ビジネスを続けている。

続きを読む...

東海市教育委員会ー英語指導助手の社会保険未加入状態は誰の責任?

ゼネラルユニオンは4月以降東海市教委に「英語指導助手を社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入させるように」何度も申し入れている。 東海市教委は「業者の責任であり、業者と交渉するように」と回答した。 「英語指導助手の業務」を偽造請負にしてしまった責任は東海市教委にはある。

続きを読む...

東海市教育委員会はいいかげんにしろ!ALTにも権利はある!

ALTのポジションを年度単位で入札に出すのは、質の高い教育、カリキュラム開発、国際交流、職の安定を促進するのに、何の利点もない。 東海市の子供たち、ALTはもっといい扱いを受けて然るべきだ!

続きを読む...

英語指導助手(ALT・AET)問題が夕方のニュースに

公立学校でのALT(外国語指導助手)の話題がヒートアップしている。あるニュース番組で、保護者が、「子供のクラスでは、1年間に7人ALTが替わった」と不満を訴えていた。

続きを読む...

日系派遣労働者「社会保険ー集団加入争議」勝利。ークボタ専属工場での「まともな直接雇用」実現へ

 昨年来の派遣・非正規切りの嵐の中、ゼネラルユニオンへの日系労働者の加盟が拡大し、ユニオン「南米支部」も結成された。そんな中、クボタ等の専属工場へブラジル人労働者らを派遣している派遣会社で大争議は勃発した。

続きを読む...

大阪府23市町の教育委員会と、語学業者との「偽装請負」発覚

 中高校はもちろん、小学校までの英会話ブームで、外国人英語講師が、全国に配属されている。これまでは、教育委員会に雇用されてきたが、「公務員数減を」との行革方針で、語学業者からの派遣にシフトし始めている。

NOVAなどの語学業界も、このオイシイ話を見逃さず、労働法を知らない教委を食いものにし、悪どいセールスを展開している。

続きを読む...

肩たたきや、退職届強要には、敢然とサイン拒否を! 嫌がらせや雇用不安があれば、すぐゼネラルユニオンへ。

ゼネラルユニオンは、毎年、雇用継続や解雇撤回で多くの成果を上げています。原に復帰したり、慰謝料を獲得したり、でも、こういったことも、どんな形であっても退職届に署名をしてしまうと、その瞬間にたいへん難しくなることがあります。

続きを読む...

違法派遣・偽装請負は、まともな直接雇用に!

 雇用破壊もこれくらい長期になると、非正規雇用がメインになって、どちらが正規か非典型か、わからなくなってしまっている。「契約社員・日々雇用・定員外・嘱託・フリーター・ニート・委任・委託・請負・派遣・非常勤・臨時・パート・メイト・フレンド・TEMPORARY・CASUAL、、」など、勝手な造語が氾濫しているが、何れも差別的である。「連合」など大企業労組も、パートの待遇改善や正職員化を言うことがあるが、本音はこれらの権利で会社と闘う意思はまったくなく、永年、労働者使い捨てを容認してきた。

続きを読む...

阪南大学で働くゼネラルユニオン組合員は、ユニオンの支援のおかげで次年度のコマ削減を回避することができたことに感謝している。

 大学側は、教員の授業数が減ることになると正式に発表してはいなかったが、GU組合員は、2010年度の新カリキュラム実施に伴い、大学がコマ数削減を計画していることを知った。新カリキュラムでは、学生数も英語の授業数も減ることにはなっていない。そのかわりに、大学側は、新カリキュラムで、派遣会社から派遣される日本人英語講師にしか教えられないとされるコースを学生に選択させるよう計画していた。

続きを読む...

ECC講師フリーダイヤル勝ち取る!

ゼネラルユニオンECC支部のおかげで、代講シフトの講師が勤務時間を確認するための電話代を負担しなくてよくなった。 ユニオンとの交渉の後、ECCは、サブ・ティーチャーのためにフリーダイヤルを開設することに合意した。 ECCは、近畿地区用フリーダイヤルは6月1日より使用できることになったと発表した。 サブのみなさん、おめでとうございます!

 

NOVA猿橋元社長 公判開始についての ゼネラルユニオン声明

NOVAと新NOVA【ジーエデュケーション】教職員が加盟している労組として、猿橋被告の公判開始にあたっての声明【2009・6・1】
「親睦会費横領」は氷山の一角。しかし、これを突破口に全貌解明を
 

NOVAでは、倒産直後に不正なレッスン契約、ファミリー企業もからんだ特別背任などが、当局からも公表され、マスコミ各紙にも大きく掲載した。数十万人という被害生徒の損害や、教職員たちへの賃金不払は、その被害者数や被害額として戦後最大であり、ゼネラルユニオンも、大阪労働局に「送検要請」をし、各国の講師や、被害生徒の会も、調書作成などの捜査に協力してきた。  

続きを読む...

ゼネラルユニオンは、インフルエンザ休業での「賃金カット・不払」を許さない 事業主の責任で判断した休業命令決定では、賃金補償が必要。 

ゼネラルユニオンは、100%の給与補償を全社・全自治体に要求する

 新型インフルエンザの拡大に伴い、休業・休校が実施されており、従業員や教職員にも、休業や自宅待機が指示されています。これに伴い、ゼネラルユニオンのホットラインにも相談が増えはじめており、そこで、大きな問題が明らかになってきています。

続きを読む...

Additional information