最近ニュース

台風10号と危険にさらされた教師達

2016年8月30日午後6時、台風10号は岩手県大船渡市に上陸した。台風が東北地方に上陸するのは1951年以来のことだった。

上陸までにやや勢力が弱まっていたとはいえ、台風10号は猛烈なレベルの台風で、最高時速111kmの強風と342mmの豪雨とでこの地域を襲ったのだ。

続きを読む...

大阪府労働委員会が「AET講師更新拒否事件」で高槻市の不当労働行為を認定

*事件の概要

高槻市は姉妹都市であるオーストラリア・トゥーンバ市から招いた講師を、1994年以降雇用しながら、公的保険や労基法を適用させず、教委幹部が所有する劣悪な住宅に強制入居させてきた。労組の支援で講師6人が転居したところ、市は全講師を首切りし、オーストラリアからの講師招聘そのものをを停止した。

続きを読む...

Bertitz 新要求決定会議への案内

ベルリッツの教師のみなさんへ:不満を言うよりも、会議に加わって2017年の要求を一緒に決めましょう!

新旧すべての組合員のみなさんが10月2日午後8時から開かれる会議に参加して、新しい要求の決定に参加されるように呼びかけます。

続きを読む...

薫英高校:2017年度への要求

薫英女子高等学校で働く組合員は、2017年度への要求を提出した。

我々は早期に団体交渉を開催し、賃上げを実現しまた組合員が使用するコンピュータが学校によって手配された2015年のように、要求実現のために奮闘したいと思っている。

続きを読む...

ついに―レインボウ国際学校問題の顛末

ここ数か月間、ゼネラルユニオンはレインボウ国際学校の残業代未払いと有給休暇の問題について報告してきた(「まだあったレインボウ国際学校の残業代未払い:ゼネラルユニオンは更に追及する」参照)。

続きを読む...

ユニオンの歴史から:1990年代、若きユニオンの契約期間制限撤廃への挑戦

時々勝ち、時々負ける―それが人生である。1990年代、われわれは以下に紹介する経験の中で勝利と敗北のはさまに行きついた。

東大阪市教育委員会は、全国で最も早く英語指導助手を直接雇用した教育委員会の一つだった(JET以外で、である)。その当時ではこれは素晴らしいものだった。だが、大きな問題があった。教師達が働き始めた後に、雇用契約に「3年まで」という期間制限が設けられたのだ。

続きを読む...

気をつけて:セイハ英語学院

ゼネラルユニオンが「気をつけて」などという注意を出すことはあまりあることではない。しかし、ここ最近セイハ英語学院に関して我々の元に寄せられた問い合わせの数を考慮して、我々は、この会社で働くことは今一度考えたがいいのではないかとアドバイスすることが公益にかなうことだと判断した。

続きを読む...

学習塾では当たり前? 「明光義塾」に賃金未払是正勧告

学習塾大手の「明光義塾」がアルバイト講師の授業準備に対して賃金を払わなかった、として、仙台労働基準監督署から是正勧告を受けた。。労働組合「個別指導塾ユニオン」の取り組みが収めた成果である。

続きを読む...

北九州市教育委員会:「男性ALTは要らない!」

福岡ゼネラルユニオンは北九州市教育委員会でのALTの労働条件を調査していたが、その一環として行った情報公開請求によって多くの興味深い書類を入手した。以下はそのうちの一つである。

続きを読む...

レインボウ国際学校と無力な官僚

この8月、我々は以下のように報告した。組合の行動によって、大阪・中央労働基準監督署はレインボウ国際学校で習慣化しているサービス残業について支払いを命じる素晴らしい命令を出した、と。だが、この記事をホームページにアップロードする「クリック」は、少し早すぎたのかも知れない……。

続きを読む...

ECCで働くの全ての皆さんへ 組合に加入して労働条件を改善しましょう

ECC と 組合の賃金交渉について

ゼネラルユニオンと全国一般東京労組は、現在、共同で、2016年度の賃金交渉をECC経営陣と行なっています。

組合は、特別賃上げを要求しています。

正社員以外の人たち、その中でも講師が組合の大部分ですので、わかりやすい時給での賃上げを要求しています。

続きを読む...

ゼネラルユニオンand全国一般東京労組:ECCの100円賃上げ闘争

どうして「100円」なのか?

会社が全ての教師のみなさんに送ることになっている手紙があります。その中でECCは、「組合は利己的で欲が深い」と言っています。つまり、私達は会社のことは考えずに自分達のことばかり考えている、と言うのです。

さて、私達は以下の二つの理由で時給100円の賃上げを要求しています。

続きを読む...

ベルリッツ・ジャパン:チェックオフ(組合費自動天引き)開始

今月、我々は初めてベルリッツ・ジャパンに、組合員のあるリストを提出した。毎月の給料から組合費が自動的に天引きされ、会社側から毎月その天引きざれた組合費が組合に送金される、というシステムを適用する組合員のリストである。このシステムは「チェックオフ」と呼ばれる。

これで、組合とこのチェックオフについて合意した会社は4社目となる。

続きを読む...

「机の下に潜って頭を隠せ」はもうガバにはなくなった

ゼネラルユニオンガバ支部からの非常時の備えの改善要求を受け取った後、会社が出した回答はやっと、「机の下に潜って頭を隠せ」とは違うものとなった。7月後半から、会社は全国のラーニングスタジオの全てのレッスンブースに非常時用物資を収納した箱を設置している。

続きを読む...

まだあったレインボウ国際学校の残業代未払い:ゼネラルユニオンは更に追及する

ゼネラルユニオンは以前、レインボウ国際学校では残業代未払いが当たり前になっていることと激しく闘ったことがある。これについては我々の2015年度活動報告に掲載した通りである。

続きを読む...

ゼネラルユニオンが札幌市に「ALT直接雇用化」申入れ

現地報告Ⅱ=大規模な授業停止と講師大量首切りの入札破綻を許さない

 

「市の違法派遣入札を、インタラックとNOVAが争って破綻」した不祥事は、講師100余名の一挙失職と札幌市立274校の授業停止、という前代未聞の事件であった。ゼネラルユニオンはすぐに現地で調査を開始し【別頁の調査報告書参照】、札幌市やインタラック・NOVA本社との団体交渉も重ねてきた。そして再度8月、ユニオン代表団を北海道に派遣し、各関係者に対し不祥事の原因究明・直接雇用化など、法に基づく早期解決を要請した。 

続きを読む...

NOVA「ネイティブ?のみ雇用」の差別撤廃をゼネラルユニオンに回答

英会話業界では、その広告や雇用での人種差別・国籍差別も少なくない。ゼネラルユニオンは結成以来、「青い眼やブロンドばかり強調した宣伝や採用」に警告を発し続けてきた。旧NOVAは悪徳商法だけではなく、そんな差別の象徴でもあった。倒産後の再生で、「生徒や教職員との契約を継承すること」を条件に、地裁やゼネラルユニオン【債権者】の承認を経て、現在のNOVA【NOVAホールディングス】が再出発し、NOVA駅前校・ジオス校・EC英会話などの全国展開を行なっている。

続きを読む...

バラ色の未来?

安倍首相の約束

2016年8月3日に内閣改造が行われ、第三次安倍内閣第二次改造内閣が発足した。

夕刻に安倍首相が記者会見を行った。以下にその冒頭発言の全文が掲載されている。

安倍内閣総理大臣会見

続きを読む...

ゼネラルユニオンからの「違法警告」を受諾 大阪市立大学が「講師外部委託計画」を撤回

大阪市大は数年来、語学講師をベルリッツなどの語学業界に外注する検討を続け、2016年度雇用契約に「市大の雇用はこれが最終」との条項をこっそりと入れた。ゼネラルユニオン大阪市大支部がそれに激しく抗議したため、当局は問題の契約を回収し、従来通りの「契約更新可能」と記載された契約書に差し替えた。しかしながら、委託の是非そのものの検討は継続されたため、ゼネラルユニオンは7月の団交で、「完全撤回しなければ、8月から労働局への告発や記者会見など、争議に突入する」と宣言した。

市大の内部では、あまり労働法を知らない教務幹部が委託を思いついたようで、本部もそれを糺すどころか、上述のように雇用契約書をごまかすなどして混乱が拡大した。

続きを読む...

NOVA - "カップヌードルを食べておけ"

ウソのような本当の話である。

 最近NOVAのある管理職は、自分の会社で働く教師達にこう言い放った。--「受け取っている生活費に文句を言うんじゃなく、カップヌードルを食べておけ」。

続きを読む...

ゼネラルユニオンSACとは?

大学や学校で学生・生徒に教えておられますか? でしたら、ゼネラルユニオンの組合員を既にご存じかも知れません

「ゼネラルユニオン」と聞くとまず、ベルリッツ、ECC、イーオンなどの語学学校業界と結び付けて考えられる方が多いかも知れません。

それはともかく、実は、ゼネラルユニオンの組合員の約半数は大学、高校、中学校、小学校などで働いている教師であることをご存じでしたか? 私達の組合ではこうした職場を「学校・大学」分野とし、これら大学、高校、中学校、小学校などで働く全ての組合員がここに所属しています。

続きを読む...

ベルリッツの講師、日本年金機構に勝訴

ベルリッツの講師が、「労働時間が週30時間以下に削減されたことを理由に、日本年金機構が2008年に自分の社会保険加入資格を認めない決定を行ったのは違法だ」として日本年金機構を訴えた裁判で、2016年3月17日、東京地方裁判所はこの訴えを認め、原告勝訴の判決を下した。

ベルリッツはこの悪名高い「29.5時間労働」を、「30時間基準」未満だとして従業員を社会保険に加入させないという非倫理的行為の正当化の口実に使っていた。

だが、この「30時間基準」(そして、これが「法だ」とする様々な主張)は、「神話」に過ぎないものであって、ゼネラルユニオンは最近、そのことを裁判で証明した。これを契機として、同種の問題が深刻に問われることとなった。

続きを読む...

「罪深い」ということ

高槻AETについての大阪労働局の「決定書」(2016年6月28日付)を考える

2016年6月28日、大阪労働局は審査官全員一致で、高槻市の異議申し立てを却下する旨の決定書を関係者に送付した。

 

続きを読む...

ベルリッツの講師達:賃金引上げ、授業時間短縮 -- ゼネラルユニオンが実現し9月18日から実行に。

ベルリッツの組合員達は連帯と正しい戦略とはどういうものかを見事に示して、組合員・非組合員を問わず全ベルリッツの講師達に多大な成果をもたらした。

最大の成果:

  • 「授業毎」講師達には40分授業につき90円の賃上げ。新しい講師の場合には、1回の授業毎の賃金が1,920円から2,010円に上がり、約5%の賃上げとなる。ベルリッツのことをご存じでない友人に説明しておくと、この「授業毎」講師とはその都度電話で仕事に呼び出される非常勤講師のことで、ベルリッツの職場では中心的な勢力である。

続きを読む...

大阪市立大学が講師の外注を計画 組合は黙認しない

今年(2016年)3月、大阪市住吉区にある大阪市立大学に勤務している16人の非常勤講師は、新しい契約書へのサインを求められた。その契約書にはこっそりと、それまでの契約書にはなかった新しい条項が入れられていた。その条項には、「この契約は本大学との最後の雇用契約となる」と書かれていたのだ。

続きを読む...

ハートコーポレイション - 会社は私に、何を食べろと指図できるのか?

最近我々の元に、Heart Corporationで働くALTから以下のメールが届いた。

上司から、「給食の時間には生徒と一緒に席について食事をしなければならない」と言われました。これは仕事の一部なのだから私は気にはしませんでした。ですがこの上司は、「給食を食べなければならない」と言ったのです。もっと困ったことがあります。私は会社のマニュアルをチェックしました。そこには「学校の外で買ったものは、職員室であっても一切食べてはならない」と書いてあるのです。こんなことって法的に許されるのでしょうか?

続きを読む...

札幌事件報告書

札幌市教委と、インタラック・NOVA間の入札破綻と

大がかりなALT講師首切り=授業停止に関する

==ゼネラルユニオン 調査報告書==

 

今回の事件発生後、各方面からゼネラルユニオンに多くの問合せや取材が相次ぎました。当方も事態を重視し、札幌現地へも調査団を派遣するとともに、札幌市教委・NOVA本社や当該講師たちからのヒアリングも重ねてきました。

未完ではありますが、今般、調査結果を報告させて頂きます。今後とも、さらなる情報や資料などの提供をよろしくお願いします。

また報告書に不十分な部分があった場合は補正しますので、遠慮なくご指摘下さい。

続きを読む...

いかさまビジネス?:高槻市の「外国人騙し」の手口

高槻市のウソや詭弁は、これまでここで紹介してきた例をはじめたくさん我々は経験してきた。

だが、ここで取り上げるのは単なるその場逃れのウソ、思いつきの詭弁や無知、いい加減、怠慢などとは異なる、念入りで意図的な騙しの具体的な例である。

続きを読む...

3,769,200円+αは誰のため?

高槻市での市・市教委との対峙の中での「お金」についてのありのままの実際を紹介する。評価と判断 -- これは「アリ」なのか? -- は読まれた方にお任せする。

前提をいくらか。

一般に、雇用主と労働組合との団体交渉は、「交渉」なのだから、双方とも決定権を持つ者が出席し、それぞれが主張を述べ合い、一致点と、望むらくは解決を目指すものである。

続きを読む...

最低賃金時給1500円キャンペーン〜世界同時アクション

#fightfor1500yen

 

 

Japanese workers are also fighting for 15 - 1500yen!

Additional information