ゼネラルユニオン、対政府交渉へ

総選挙投票日の翌日となる10月23日(月)、ゼネラルユニオンは福岡ゼネラルユニオン、全国一般東京南部、全国一般東京労組及び上部団体である全国一般とともに厚生労働省、文部科学省、日本年金機構との交渉を行ないます。

この交渉のためにすでに9月22日付で提出している要求はいずれも、今年5月に開催されたゼネラルユニオン年次総会で決定された、正規・非正規労働者間の格差是正をめざす「Let's 同等」運動の方針に沿ったものです。

1. 労働契約法、とりわけ第18・19・20条違反及び脱法行為の取り締まり

2. 社会保険への加入逃れ行為の是正

3. 外国人講師や外国語指導助手の「違法派遣・保険非加入」の是正

4. 大学正規授業での、派遣法と設置基準違反である「外部委託講師」の禁止

などがその柱となっています。

交渉の模様や結果については後日報告します。

9月22日提出対政府要求書


メールアドレス:union(@)generalunion.org

日本語Facebook : www.facebook.com/GeneralUnionJP

英語Facebook : www.facebook.com/GeneralUnionJapan

 

Additional information