学校法人樟蔭学園の「無期転換逃れ雇い止め裁判」始まる

2018年9月3日、大阪地方裁判所で学校法人樟蔭学園の「無期転換逃れ雇い止め裁判」が始まった。

この事件は既に何度か報告されている通り、学校法人樟蔭学園が「改正労働契約法に基づく有期契約労働者の無期契約への転換はやらない」ことを理事会で決定し、これを拒否したゼネラルユニオン組合員を契約が満5年となる2018年3月31日で雇い止めした事件である。

 

同法人はゼネラルユニオンとの団体交渉を1回持った後、相当懲りたのか「団体交渉は法解釈を議論するところではない」として団体交渉を拒否し、労働局や労働基準監督署の指導も拒み、ついに雇い止めを受けた組合員が同法人を訴えたものである。

第一回口頭言論で原告自身が冒頭陳述を行なった(陳述文はここ)。

これに先立ち、被告である同法人から「答弁書」が提出されたが、第一回口頭言論でこれに関して裁判長からさっそく事件の核心の一部をつく質問が出された。「契約書には『契約更新なし』と書かれているのに、実際には契約更新が繰り返されてきたのはなぜですか。その点を後日説明してください」。


有期契約労働者の雇用安定に資する無期契約への転換を実際に根付かせる一つの闘いが大阪地方裁判所で始まった。注目を。


メールアドレス:union(@)generalunion.org

日本語Facebook : www.facebook.com/GeneralUnionJP

英語Facebook : www.facebook.com/GeneralUnionJapan

Additional information