最近明らかになったこと:自業自得

2013年8月に成立した改正労働契約法によって、契約更新を経て勤務が5年を超えた有期契約労働者はその契約を無期契約に転換できるようになったことは多くの方がご存じかも知れない。

 

そして、早稲田大学がこれを嫌い、突然有期雇用非常勤講師の任期に「5年」の上限を設定したり、加えてこれらの講師の担当授業数を大幅削減したりして、裁判を含む大きな闘争となっていた。

最近、早稲田大学側がほぼ「自滅」する形で裁判が和解していたことが明らかになった。この過程で早稲田大学の「無期逃れ策動」のひどさが次々に露呈し、同大学は自らそのイメージに泥を塗ってしまった。「自業自得」としかいいようがない。

「和解」についての報道。


メールアドレス:union(@)generalunion.org

日本語Facebook : www.facebook.com/GeneralUnionJP

英語Facebook : www.facebook.com/GeneralUnionJapan

Additional information