宮城大学が「改心」し無期転換受け容れ

いい知らせ。

昨年10月以降、宮城大学では有期契約の労働者が無期転換を前に雇い止めを通告される事態が起こっていたが、最近になってついに改心し、無期転換を受け容れた。

全国では法に沿った無期転換が進む一方で、公的機関も含みあちこちで無期転換逃れの脱法行為も頻発している。その一因は、この無期転換の根拠となる労働契約法が罰則を伴わない民事法規であることである。
このために、所管する機関である労働局などが調査し、当該雇用主に対して法違反を指摘し改善を求めても、恥知らずの雇用主はこれを公然と無視し法違反を継続する事態も生まれている。

こうした中での宮城大学の事態は、労働組合による一貫した取り組みがもたらした成果である。

われわれは、上述した現行法そのものの問題点の改善を求めつつ、労働組合として雇用主による脱法行為と闘い続ける。

これを報じた河北新報の記事はここから。

メールアドレス:union(@)generalunion.org

日本語Facebook : www.facebook.com/GeneralUnionJP

英語Facebook : www.facebook.com/GeneralUnionJapan

Additional information