ベルリッツスト損害賠償裁判完全勝利判決!

2012年2月27日、東京地方裁判所民事第36部(渡辺弘裁判長)は、ベルリッツ・ジャパンが訴えた全 国一般労働組合東京南部と支部組合ベグントが行なった2008年春闘ストライキにに対する1億1千万円の損害賠償請求事件について、「ストライキの正当性 に欠けるところは認められない」とする判決を言い渡しました。

ベルリッツ・ジャパン(親会社はベネッセ・コーポレーション)は、労働組合が行なった2008年春闘における指名・時限ストライキが、会社を加害する目的で行われた違法なものだとする訴えを、2008年12月に東京地裁に起こしていました。

東京地裁判決は、ストが違法であるというベルリッツ・ジャパンの主張を完全に退けています。
ベルリッツ・ジャパンのこの訴訟の目的は、1億千万円という損害賠償訴訟を起こすことによって、労働組合の権利行使を萎縮させることにありました。

しかしながら、組合のストライキが正当であり、労働組合の権利をはっきり認めた点で、意義のある判決となりました。
全国一般労働組合東京南部は、このような経営側の組合つぶしをはねのけ、労働組合の権利、労働者の権利と生活を守るため、これからもがんばります。

 


footer ffooter hfooter mfooter s

Additional information