労組周辺動向 No.39 2018年7月13日現在

労働組合に関係がある法律をめぐる動きや裁判での判決など、今後の組合活動にとって必要と思われる情報を掲載します。


今号の主な内容は:

・高プロの次は裁量労働制の拡大―企業側が「法案の再提出」を要望
・各地で続く無期転換逃れの雇い止めとの闘い
・スモークハラスメント対策を求めた女性の解雇撤回:日本青年会議所
・東大阪労働基準監督が大阪府教育委員会に「授業準備時間にも報酬を」
・お茶の水女子大がトランスジェンダーの学生受け入れへ
・春闘結果:低い賃上げ率
・総務省人口調査:日本人37万人減・外国人は増加幅最大

閲覧・ダウンロードは以下から。

 

http://laborupdates.generalunion.org/JP.NO.39.201807.pdf