労組周辺動向 No.43 2018年9月7日現在

労働組合に関係がある法律をめぐる動きや裁判での判決、闘い、周辺情報など、今後の組合活動にとって必要と思われる情報を掲載します。 

 


今号の主な内容は:

・厚生年金、対象拡大へ パート加入増、9月にも検討会議

・厚生労働省、「同一労働同一賃金」指針原案を提示:付帯決議、最高裁判決反映

・働く年齢の70歳への延長を検討

・2019年度概算要求 :要求総額「102兆7,658億円」に

・顧客に襲われPTSD―女性外交員が住友生命を提訴

・障害者雇用:中央官庁幹部が「死亡職員を算入」と意図的水増しを証言

・抗議ビラの外国人講師、卒業式に参加させず…不当労働行為認定は妥当:大阪高裁

・大阪市、市職員採用試験受験申込時の性別記入欄廃止

・「英語をもっと話せたら」 苦手の女子高生9割が希望


閲覧・ダウンロードは以下から。http://laborupdates.generalunion.org/JP.NO.43.201809.pd