組合員のパスカル・ビューレルが北岳で遭難中

GABAの講師でゼネラル・ユニオンの会員のパスカル・ビューレルが10月21日(月)から山梨県の北岳周辺で行方不明になっている件で、実にたくさんの方々からご支援をいただきました。ここに御礼を申し上げると同時に、募金活動は終了とさせていただきますことをお伝えいたします。今後、ユニオンの口座には送金をされませんようお願い致します。

English

 

これまでの経緯を簡単に説明しますと、警察による捜査はもちろん行われておりましたが、山岳隊を要請にかかる費用を援助するために、パスカルの友人とご家族がFacebookのページを開設し募金を呼びかけておりました。「いいね!」で応援してくれた方、コメントを寄せてくださった方、シェアして広めてくださった方、そして何よりも、山岳隊の費用を援助するために募金をしてくださった方、本当にありがとうございました。警察と山岳隊による懸命な捜索が行われましたが、残念なことにパスカルの行方に関する手がかりはつかめませんでした。

募金はユニオンのPayPal口座とみずほ銀行口座、そしてゆうちょ銀行で開設された専用の「パスカル募金」のほうに寄せられ、ご家族に送られました。最終的な募金額はまだ確定しておりませんが、当面の山岳隊の費用はカバーされましたので、現時点においては募金活動を中止いたします。今後は送金をされませんようお願い致します。Find Pascal BurelのFacebookのページは今後もしばらく継続します。もしも手がかりになるような情報をお寄せいただく場合には、そちらをご覧いただくか、gaba (@) generalunion.org にメールをお送りください。

最後に、2013年10月31日にパスカルのご家族の清美さんから寄せられましたメッセージを転載いたします。

'''''''''''''''''''''''''''''''''''

パスカルが行方不明となって10日ほど経ちますが、 未だに彼の生死も分からない状態です。 もう探すところがこれ以上ないというくらいに隅々まで、捜査して頂きました。それこそ命がけの捜査をして頂きました。 詳しい捜査の内容まではお話しできませんが、 まさかここまでやって頂けると思わなかったほど、 彼の命を救おうと懸命に最大限の捜査をして頂きました。 皆様の募金のおかげで、山岳隊にも救出活動をお願いすることが出来ました。 皆様のご協力のおかげで最大限の捜査をして頂きましたが、 未だに彼の持ち物さえも見つかりません。 かといって捜査が打ち切られたわけではありませんが まだ、捜査は続いております。

ですが、募金はひとまず中止させて頂きたいと思います。

沢山の方に御支援頂きありがとうございました。

皆様に良いご報告をすることが出来ずに申し訳ありません。 主人がこんなに皆様に慕って頂いていたんだとFacebookを通じ 知ることができました。 主人にも皆様の思いが伝わっているはずです。

彼は頭の良い人ですし、無茶をする人ではありません。 私共家族をとても大事にしてくれます。 それでも、どうにもならないような事が彼の身にふりかかり、 帰れなくなってしまったのでしょう。 家族の為に一生懸命に働いてくれた優しいパパ。 一刻も早く家に帰してあげたかった。 あなたがいなくてとても淋しいけれど、 私達は心で繋がっています。

 


footer ffooter hfooter mfooter s

Additional information