労働相談マニュアル

あなたのご相談と,加盟を心より歓迎致します.問題が,すみやかで納得できる解決が得られるよう,下記の事項をご理解下さい.がんばりましょう.

1―労働相談とユニオン加盟

まず,ゼネラルユニオンの事務所においで下さい.  場所は,大阪地下鉄の谷町線,または,京阪電鉄の,「天満橋」駅で下車,天満橋を渡って,天満橋筋を200mほど直進すると,右手に六甲天満ビルがあります.その2階です.ビルの入り口には「豫苑」という中華料理店の赤い看板があります.

ユニオンの各スタッフが,交渉や,労基署・裁判などに,外出していることもありますので,必ず事前にアポイントを取ってから,おいで下さい.日本語,または,英語であれば,通常対応することができます.

その他,電話・FAX・Emailでも相談は可能ですが,意思疎通や対策が十分にできませんから,面談による相談をお薦めします.何れの場合でも,ゼネラルユニオンのホームページにある,労働法などの,Q&Aを,ご来訪の前に,よく読んでおいで下さい.

2―ゼネラルユニオンへの加盟を

相談だけではなく,やはり,使用者や行政などにアクセスし,貴方のトラブルを解決・労働条件を改善しないと意味がありません.そのため,相談とアドバイスのあと,ユニオンのメンバーになって頂くことにしております.ご加盟後は,すみやかに,要求・交渉や行政手続きなどを開始し,ユニオンが責任をもって,解決までお手伝いします.なお,「労組員には差別・不利益を与えてはならない」という労組法の条文からしますと,中途半端な状態は危険で,労組員として活動した方が安全です.

組合費は500円から3000円/月の前納制です.加盟金などは不要です.郵便振替などで,1年間など一定期間分まとめて送金ください.職場や地域で,貴方が所属するユニオンの支部が決まり,諸労働法の法的保護と権利行使も可能となります.

またユニオンから貴方に,ユニオンのニュースが郵送され,学習会・総会・職業紹介・花見・BBQ・パーティ・コンサートなどのイベントも案内されます.

3―使用者への要求

ゼネラルユニオン事務所で,使用者への要求を決めるために,あなたからトラブルに関わる事実のヒアリングを行ないます.ここで聞いたことは,公開する訳ではありませんので,ユニオンに対しては本当の経過をすべてお話し下さい.

例えば,仕事上のミスやトラブルがあったとか,VISAが切れかかっているとか,自分で「退職を言ってしまった」「始末書を書いた」「金銭などの条件交渉を始めてしまった」などのことがあれば,不利なことでもお伝え下さい.

また通常,退職を前提にした要求は出しません.しかし原職復帰の要求をした後に,使用者から,慰謝料や退職金アップなどの提案をしてくる例もあります.

逆に,使用者が労働基準法に違反しているとか,健保・年金・雇用保険など法定の保険に入っていない,とか,会社の法違反や不正行為などの「使用者の弱点」「内部告発」も調査して,ユニオンに伝えて下さい.

【労基法は短い法律ですので,できれば,各条文毎に点検しておきましょう】

以上に基づいて要求を決定し,ゼネラルユニオン本部【委員長名義】から使用者に対し,苦情処理的な調査と回答を求める「要請書」,または労組法に基づく,正式な「要求書」を送付します.そして約1〜2週間後の,本部宛の回答期限を設定しておき,「回答があるかないか,また,その内容」をユニオン本部で待ち受け点検します.ユニオン本部からも,電話などで使用者からの回答を督促します 【もちろん貴方にも,その都度報告し,意見をお伺いします】

4―仲間への働きかけ.会社との交渉と解決

そして以降,労組法に基づく団体交渉や,より迅速かつ円滑な解決のため窓口折衝を,織りまぜて,使用者との交渉や回答書交換を積み重ねていきます.

【団体交渉は,そこで合意となる場合もあるので,必ず本人の出席が必要です.窓口折衝は,本部役員中心に担当しますが,そこでは,問題点の交通整理のみで,決定や合意は行ないません】

これと並行して早い段階で,貴方が職場の同僚をユニオンにお誘いになるのは,たいへん良い効果を生みます.一人より二人,二人より三人の仲間が,要求や交渉を共にすることは,会社との力関係を好転させ,解決を促進します.

但,組合員名簿を使用者に提出する義務はなく,本人の意思や,当方の判断で選択できます.「非公然」で,ユニオンの支部を結成することもできます.

5―交渉の継続.労基署・裁判・労働委員会への提訴

解決のための選択が,可能な段階に到達すれば,あなたとユニオン本部で協議し最終判断します.その後,使用者にも確認し,まちがいがなければ,使用者・本人・ユニオン本部の連名による合意協定書を交わし,全面解決となります.  もし良い解決条件でないと判断される場合は,交渉の決裂を宣言することもできます.その後,係争が続く場合,争議行為や,裁判・地方労働委員会申立などもありえます.

但,そのそれぞれは,貴方が中心となって闘わねばなりません.そして,一定の期間と費用【例えば弁護士の報酬】も必要です.もちろんユニオンは顧問弁護士を紹介するなど,支援と助言は続けます.

6―解決の合意と履行

合意事項の履行.復職や解決金の獲得などの合意事項の履行について,ユニオンは責任をもって,使用者と再確認していきます.すなわち,雇用継続なら,新たな雇用契約の締結.退職金・慰謝料なら,その支払い,などを使用者が完全に履行することを,監視するのです.

なお,賃金のバックペイ・退職金などを獲得した場合,貴方の収入【賃金】と,みなされ,課税と社会保険料の支払義務も発生し,手取りが少なくなります.しかし,これらではなく,解決金【慰謝料や損害賠償という意味】とし,かつ,ユニオンを通せば,税や保険料を払う必要がありません.

基本的にあなたの権利に属するものは,もちろんあなたが獲得できます.

但,あなたを支援したユニオンは,その事務所の運営費用や活動基金などを必要としています.そこで,その獲得内容に応じて,あなたからの資金カンパへの協力を,お願いしています.

7―解決後も,ユニオンのレギュラーメンバーに

ユニオン組合員としての資格は,復職・退職・転職のいかんに関わらず継続されます.すなわち,新たなトラブルなどの再発など,何時でも何処でも,ユニオンの支援を得ることができます.

メンバーには,解決後も,ユニオンから定期的なニュースが送られ,さまざまな行事【学習会・総会など】や,仕事の紹介の案内も届きます.他のメンバー=仲間との出会いにより,ユニオンはあなたにとって,楽しいコミュニティとなり,集いの場=頼れる場となるでしょう.

 


footer f footer h footer m footer s

Additional information