阪南大学で働くゼネラルユニオン組合員は、ユニオンの支援のおかげで次年度のコマ削減を回避することができたことに感謝している。

 大学側は、教員の授業数が減ることになると正式に発表してはいなかったが、GU組合員は、2010年度の新カリキュラム実施に伴い、大学がコマ数削減を計画していることを知った。新カリキュラムでは、学生数も英語の授業数も減ることにはなっていない。そのかわりに、大学側は、新カリキュラムで、派遣会社から派遣される日本人英語講師にしか教えられないとされるコースを学生に選択させるよう計画していた。

阪南大のGU組合員はこのことを知って、すぐに、ユニオンから大学側に、GU組合員がコマ数を減らされないことを保証するよう求める要求書を提出するよう、GUに要請することに支部で合意した。

 この要求書が大学側の背中を押したのかどうかはわからないが、大学側が、GU組合員だけでなく非常勤英語講師全員に割り当てられた授業数を見直すという決定を下したのには、この影響があったと少なからず思われる。結果、GU組合員は、誰一人、2010年度のコマ数を失わずにすんだ。

 GU組合員は、ユニオンに、必要なときに介入してくれたことについて、また、阪南大当局に、この苦しいご時世に皆のニーズを考慮してくれたことについて、感謝を表したい。

 このことから何がわかるでしょうか?簡単なことです − ゼネラルユニオンに加入しよう。あなたのコマ数を確保する助けになるかもしれない。

 


footer f footer h footer m footer s

Additional information