労組周辺動向 No.118 2021年7月23日現在

労働組合に関係がある法律をめぐる動きや裁判での判決、闘い、国内外の統計や情報など、現在と今後の組合活動にとって直接・間接に必要、有益と思われる情報を掲載します。
隔週発行です。

「緊急事態宣言と新型コロナウィルス感染急拡大の中のオリンピック」が始まりました。異様な現実です。しかし、労働者の闘いは続いています。耳目をそばだて、注目し応援しましょう。

 

今号の内容;
・「最低賃金は平均930円」-引き上げ目安は過去最大の28円
・雇用調整金なしで失業率5.5%:2.6ポイント抑制効果と推計
・雇用調整助成金特例、年末までの延長検討-最低賃金引き上げ受け企業負担下支え
・雇用調整助成金の特例措置、年末まで維持 諮問会議で菅首相
・従業員3人に賃金324万円不払い疑い プラスチック製品製造会社と社長を書類送検
・宮崎県、告知なく非正規5人降給 内部指摘受け取り消し
・コロナで施設ごと休館、テナントは労働者に休業手当を支払うべき―アルバイト女性が会社を提訴
・ 米大企業のCEOと従業員の報酬格差 299倍に拡大
・金沢市で「パートナーシップ」導入 北陸でのLGBT理解へ第一歩

 

閲覧・ダウンロードは以下から。

http://laborupdates.generalunion.org/JP.NO.118.202107.pdf


メールアドレス:union(@)generalunion.org
Facebook https://www.facebook.com/GeneralUnion.org


footer f footer h footer m footer s