労組周辺動向 No.119 2021年8月6日現在

労働組合に関係がある法律をめぐる動きや裁判での判決、闘い、国内外の統計や情報など、現在と今後の組合活動にとって直接・間接に必要、有益と思われる情報を掲載します。
隔週発行です。

新型コロナウィルス感染拡大が加速の一途です。政府の無策ぶりも極に達しています。命と暮らしを守るのは私たち自身の行動にかかっています。

 

今号の内容;
・雇用保険料引き上げ検討、厚労省―財源逼迫、雇用調整助成金支給4兆円超え
・5年ルールで無期雇用に転換したのは対象者の3割:厚生労働省調査
・「自宅療養」政府方針に対して与党も自治体も批判―公明「中等症ケアを」
・団交拒否訴訟で大阪市敗訴―「労組を軽視」と大阪地方裁判所
・コロナ不安で出勤拒否の「かつや」店員が労働審判申立て「報復としてシフトカットされた」
・職域接種の供給遅れ 健保組合でキャンセル料4000万円負担も
・熊本銀行が住宅ローン、LGBTなどに対応し、同性パートナーを配偶者と同様に取り扱い
・ 5月の生活保護申請が前年より増加:感染急拡大で深刻化のおそれ

 

閲覧・ダウンロードは以下から。

http://laborupdates.generalunion.org/JP.NO.119.202708.pdf


 メールアドレス:union(@)generalunion.org
Facebook https://www.facebook.com/GeneralUnion.org


footer f footer h footer m footer s