労組周辺動向 No.124 2021年10月15日現在

労働組合に関係がある法律をめぐる動きや裁判での判決、闘い、国内外の統計や情報など、現在と今後の組合活動にとって直接・間接に必要、有益と思われる情報を掲載します。
隔週発行です。

総選挙になりました。大事な選挙です。併せて、休みなく続いている労働者・労働組合の闘いにも注目を。2に掲載されている情報はその一部です。

 

 

今号の内容;
・「岸田内閣閣僚等名簿」2021年10月4日 内閣府
・「成長と分配」で新資本主義 非正規・子育て世帯に給付金―所信表明
・「不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル ~パートターム・有期雇用労働法への対応」 厚生労働省
「不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル ~改正労働者派遣法への対応」 厚生労働省
・衆議院が解散 10月19日公示 31日投開票へ 事実上の選挙戦に
・公立校教員の残業代訴訟:請求棄却もされても「画期的で内容的には前進」と原告
・「角川ドワンゴ学園」教員2人がストライキへ 「N高」などの環境改善求める
・ JRグループで不当労働行為
・ キャバクラ勤務は業務委託ではなく「労働者」:残業代実質認めて和解
・ 労働委員会が保育指導員の雇用を命令:「ドーミーイン」運営会社に
・ 国際法人税最低税率15%で合意、2023年導入目指す
・ IMF、世界経済成長率の予測を下方修正 米国も1ポイント減

 

閲覧・ダウンロードは以下から。
http://laborupdates.generalunion.org/JP.NO.124.202110.pdf

 


footer f footer h footer m footer s