労組周辺動向 No.141 2022年6月10現在

労働組合に関係がある法律をめぐる動きや裁判での判決、闘い、国内外の統計や情報など、現在と今後の組合活動にとって直接・間接に必要、有益と思われる情報を掲載します。
隔週発行です。

値上げの波が止まりません。同時に、あちこちで労働者の様々な闘いが多く報じられるようになっています。この二つの動きは無関係ではありません。働く者が声を上げ行動せざるを得ない状況が進んでいます。

今号の内容;
・コロナで助成率アップの「雇調金」特例措置、9月末まで延長
・男女賃金格差の開示、7月に制度施行 「女性版骨太の方針」決定
・新しい資本主義のグランドデザイン及び実行計画・フォローアップ(2022年)
・「令和3年労働組合活動等に関する実態調査の概況」 2022年6月8日 厚生労働省
・アマゾン宅配委託の「個人ドライバー」、運送会社と「事実上の雇用関係」…労基署が是正勧告
・上智大、非常勤講師の賃金75万円不払い 労基署の是正勧告も拒否
・月150時間残業、うつ病で自殺は県に責任 6810万円賠償命令
・名古屋経営短大の雇い止め 教職員組合の書記長が学園を提訴
・「木曽路」でサービス残業横行か 従業員4割が正確な勤務報告せず
・すかいらーく、5分未満の切り捨て賃金支払いへ パートらに16億円
・「慶大に雇止めされた」通算8年勤務、非常勤講師が無期転換求め提訴 横浜地裁
・食品主要105社、年内「値上げ」1万品目を突破 値上げ幅も拡大、価格は平均13%アップ 秋口以降も値上げ続く見込み 原油高の影響もじわり広がる
・世界成長率、2.9%に鈍化:世銀22年予測、侵攻響く

閲覧・ダウンロードは以下から。
http://laborupdates.generalunion.org/JP.NO.141.202206.pdf

 


footer f footer h footer m footer s