高槻市議が高槻市ALTへの支援を表明

 

3月11日の行動への関西の各地域の様々な労働組合からの参加者達は、高槻市教育委員会による不当解雇との闘いに連帯を表明した。10以上の友好組合が代表を派遣した。ゼネラルユニオンからは、関西外大、同志社香里、ECC、商工業、日米の各支部の仲間が参加した。

 高木、野々上両高槻市議も参加し、支援を表明した。高木議員は、本組合員達を当初から一貫して支持してきており、オーストラリア現地のトゥーンバ市のThe Chronicle紙に支持を表明する手紙を送っている。(手紙を読むにはここをクリック。 English article here.)

上記市会議員の他にも、ALT達と友好関係を築いてきた日本人教師達も多数参加した。これらの教師達は、いくつかの学校の朝礼で、校長達が当組合員達を不法にも中傷する中で参加したのである。

 

 


footer f footer h footer m footer s

Additional information