英語指導助手(ALT・AET)問題が夕方のニュースに

公立学校でのALT(外国語指導助手)の話題がヒートアップしている。あるニュース番組で、保護者が、「子供のクラスでは、1年間に7人ALTが替わった」と不満を訴えていた。

劣悪な労働条件が、ALTが定着できない明らかな理由である。 よい教育をするには一貫性-生徒が教師とよい関係を築くための一貫性、またALT側が学習進度に合った授業を計画準備するための一貫性-が必要だ。派遣ALTの中にも優れた教師がたくさんいることは確かであるが、英語教育を改善するには、教師の直接雇用が大きな一歩となると、ユニオンは信じている。

報道の全容はこちらからダウンロードできます。Click.  

 


footer f footer h footer m footer s

Additional information