W5社がGUと労働協約。業務委託によらず直接雇用化。社会雇用保険加入。

語学派遣大手「W5」社も、法順守でゼネラルユニオンと労働協約。 業務委託によらず直接雇用化。社会雇用保険加入。労使苦情処理制開始

東海を中心に各教委にALT講師を派遣している全国大手のW5【ダブリュファイブ・スタッフサービス】は、派遣法や労使ルールの問題でゼネラルユニオンと合意に達し、6月5日に労働協約を締結した。 合意内容は、「業務委託等には関与せず、派遣法。職安法を遵守する」「派遣期間の上限や直接雇用義務の徹底」「社会保険・雇用保険加入の再確認」「ゼネラルユニオンとの事前協議制」などとなっている。

中央労働委員会の和解勧告によって、最大手のインタラック社とも、「社会保険加入」などの和解合意ができたこともあり、今回のW5社とあわせて、ゼネラルユニオンと業界全体との、ALT労働条件基準アップにつながると期待されている。

*********
協    定    書

ダブリュファイブ・スタッフサービス
代表取締役 伊 東 桂 子   
ゼ ネ ラ ル ユ ニ オ ン    
委 員 長 山 原 克 二    

【労使苦情処理制度】 1-今後、ダブリュファイブ従業員が、ゼネラルユニオン多言語センターにアクセスした場合【かつ、本人から希望があった際】、その相談や問題点を、ダブリュファイブ本部に転送する。本部は2週間以内に、調査結果とコメントを、ゼネラルユニオンに返送し、本人にフィードバックすることで、円滑な問題解決をはかる。

【コンプライアンス】 2-ダブリュファイブ・スタッフサービスは、学校へのALT講師派遣にあたり、法違反と指摘されている「業務委託」等には関与せず、「派遣」は、派遣法・職安法の基づく適法な業務に限定する。 3-派遣期間の上限【1-3年】・直接雇用義務について、ダブリュファイブ全社に徹底し、フルタイム講師についての、社会保険・雇用保険の加入義務も再確認する。        

以 上

*********


footer f footer h footer m footer s

Additional information