株式会社GABAへ:「もっと透明性を」と組合は求める―新型コロナウイルスへの懸念

ゼネラルユニオンは、GABAの自由が丘LSの顧客が新型コロナウイルスによって死亡したことを知った。

同社はこの事実を講師にも、常勤スタッフにも、誰にも知らせなかった。

日本の公衆衛生センターが採用しているWHO(世界保健機構)のガイドラインによれば、ある人が病気を発症した場合には、その2日前からの行動について追跡が必要とされる。ガイドラインは別にしても、会社は講師や全てのスタッフに何が起こったのかを知らせなければならなかった。表参道LSでの出来事を既に知っていたのだからなおさらそうである。

起こったことに口をつぐみ、誰にも知らせないことは容認できることではない。

***** 

ゼネラルユニオンはこの2月から、新型コロナウイルス関連の出来事を注視してきている。

表参道LSである事件が起き、これは人々が知ることとなった。(英語ページ)

GABAは講師に知らせることを拒んだ。会社は全ての正社員にはこれを知らせウェブサイトに日本語の記事を掲載した。だが、講師が使うMGI(講師向け英文システム)には何の掲示もなく、表参道LS以外に勤務する講師にも何も知らされなかった。講師達は噂話でこのことを聞いたのだ。事の重大さを考えると認めがたいことだった。

この件に関する質問に対して組合が会社から受け取った回答はおよそ不十分なもので「表参道LSの件を講師に知らせる計画はない」と述べていた。組合はこの回答を上記リンクにある記事に掲載した。感染症が拡大する時には透明性は決定的であり、会社が公表を拒むならば組合がそうすることになる。

***** 

2020年6月15日、組合はGABAに自由が丘LSの事件に関する一まとまりの質問を送付した。だが会社は回答することを拒んだ。表参道LSの件に関連して会社が「講師に知らせる計画はない」とした会社の回答をウェブサイトの記事で掲載したことが不愉快だ、というのである。この2020年6月15日付の質問についてはその全部をこの記事の最後に掲載しておく。

現下の新型コロナウイルス感染拡大をめぐる状況は株式会社GABAにとって、1995年の創立以来最も深刻な問題である。感染拡大は経済面でも大きなリスクとなっており、身体的なな危険も進行している。そしてこれらのリスクや危険を和らげることができるのは会社の賢明な行動だけである。透明性の確保はその一つである。

株式会社GABAが頑なに情報を共有することを拒み、会社の内部でさえそうした姿勢を取り続け、一部の講師達の間では不確かな「非公式情報」が飛び交い続けるとしたら、組合は情報を広く公開し、できるだけ多くも人が状況に気付くようにする以外にはないのだ。

幸いにして、表参道LSの事件も自由が丘LSの事件もクラスターの発生には至らなかった。しかしいずれもが再開してから僅か2週間の間に起こった。緊急緊急事態が解除され、GABAは本格的に再開している。これ以上感染拡大が続けばLSでのその広がりは不可避だ。LSは「三密」そのものなのだから。

1. 密閉:窓がなかったり換気ができないこと
2. 密集:人がたくさん集まったり、少人数でも近い距離で集まること
3. 密接:互いに手が届く距離で会話や発声、運動などをすること

GABAでの仕事を身体への影響から見てみよう。講師はレッスン・ブースの中で顧客の間近に座り一対一でレッスンを行なう。だから、会社が新型コロナウイルス感染に関する情報を速やかに全面的に講師に提供することは肝要なのだ。

会社が起こった事件を全講師には周知しないこと、あるいは講師には一切周知しないこと、正社員にだけしか知らせないこと――そのいずれもが我々を危険に曝すこととなる。

透明性の欠如は決して受け入れがたい。

会社はみんなの安全のために行動を改めねばならない。ゼネラルユニオンはそのことを要求し続ける。

*****

GABAが回答を拒否した2020年6月15日付の質問

自由が丘LSの顧客が新型コロナウイルスによって亡くなられたことを当組合は知りました。
この顧客の最後のレッスンは、GABAが2週間の再開を行なった期間中の3月31日だったと承知しています。この方はその後4月3日午前5時20分に発熱されその3日後に入院されました。そして、4月23日に亡くなられました。
この顧客は著名な方であったので、この方の死亡については様々にニュースで報道されました。GABAのスタッフもこのことをご存知でした。

以下が質問です。
1 ) 感染経路解明のために、GABAには保健所から連絡はありましたか。
2 ) もしなかったのなら、GABAは自ら保健所に連絡しましたか。
3 ) 連絡しなかったなら、それはなぜですか。
4 ) GABAはこの件をOperational Bulletinで従業員に知らせましたか。
5 ) もし知らせなかったのなら、それはなぜですか。
6 ) GABAはこの件をウェブサイトに掲載しましたか。
7 ) もししなかったのなら、それはなぜですか。
8 ) GABAはこの件を自由が丘LSの講師達、最後のレッスンを行なった講師に知らせましたか。
9 ) もし知らせなかったのなら、それはなぜですか。
10 ) GABAはこの件をの全体を講師達に知らせる予定ですか。
11 ) もし知らせる予定がないのなら、それはなぜですか。
12 ) フェイスシールドについてのルールに関していくらか混乱があります。GABAの感染抑止についての文書には「講師及びカウンセラーはフェイスシールドを着用すべし」とあります。ですが5月29日のMGIには「講師がレッスン中に着用すべきフェイスシールドも提供される」とあります。どちらが正しいのでしょうか。
13 ) GABAはカウンセラーやその他のLSスタッフに十分なフェイスシールドを用意されておられるるのでしょうか。
14 ) フェイスシールドを着用しない講師はLSへの立ち入りが禁止になる、あるいは懲戒の対象となるのでしょうか。
15 ) フェイスシールドの着用が義務だとしたら、フェイスシールドを着用してのレッスンの困難さを考慮し、フェイスシールドを着用していることに起因するマイナス評価を行なわないことをGABAは考えていますか。
16 ) GABAは、ブースで講師と顧客を区切るためにプラスチックシートを天井から吊るすことを考えていますか。
17 ) GABAは、各ブースにアルコール性の清掃スプレーを置くことを考えていますか。

 

注:MGIとは、講師達が仕事のスケジュールを確認したり会社の方針を見たりするサイト


メールアドレス:union(@)generalunion.org

日本語Facebook : www.facebook.com/GeneralUnionJP

英語Facebook : www.facebook.com/GeneralUnionJapan


footer ffooter hfooter mfooter s

Additional information