NOVA組合員の圧倒的多数がストライキ投票で"GO"の意思表示―メディアも報道

「在宅勤務などの要求をNOVAが拒めばストライキに入る」と、ゼネラルユニオン所属のNOVA組合員の圧倒的多数は投票で意思表明した。

同社の稲吉オーナーの利益のためには従業員の健康を危険にさらすことも厭わない会社の姿勢に辟易した教師達のゼネラルユニオンへの加盟が続いている。教師達は混雑した狭い職場での勤務を強いられ、しかもその職場は換気は不十分でオンラインレッスン使用するヘッドフォンやマイクは共用であること等、新型コロナウィルスへの感染の懸念は深刻なのだ。加えて、時には県境を越えての長時間通勤が求められている。

ゼネラルユニオンは、ストライキ決行期限の通告と併せてNOVAへの要求を提出することとなる。

共同通信社が配信したこの件に関する記事は38のオンライン・サイトに掲載されている(リンク一覧)。NOVAはこの危機への社会全体の懸念を軽んじ、問題が解決されなければ英会話を学ぶ学生達の中で自らが嫌われ者になる恐れに直面している事実を過小評価してきた。Yahoo! Newsサイトには、この件に関する書き込みが1,000以上掲載されている。


メールアドレス:union(@)generalunion.org

日本語Facebook : www.facebook.com/GeneralUnionJP

英語Facebook : www.facebook.com/GeneralUnionJapan


footer ffooter hfooter mfooter s

Additional information